カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

高校入試 点数が足りない

Q:受験生です。ある高校に行きたいのですが、点数が40点くらい足りません。特に数学が大の苦手で50点取れればいい方です。理社はまちまちで60、70点をさまよってます。国語は80点以上キープしてます。英語も50. 60点くらいです。
どうやって勉強したらいいか分からないし、合格できるか不安でしょうがないです。

A:国語の成績が素晴らしいですね。その一方で、英と特に数が悪い。ということは、潜在的な能力は高いのに、正しいしっかりとした学習がまだできていない、ということだと思います。おそらく国語も、質問者の方がもっている自力での点数でしょうから、ちょっとテストのための勉強をすれば、もう1ランクは上がると思います。せっかく頭がいいのですから、受験までの残り時間を有効に使えば、きっと大幅な実力アップができます。
受験までの残りの時間で、質問者の方の成績全体をあげる方法としては、不得意科目に特化した勉強よりも、5科目全体を総点検して、自分にとっての本当の課題、力を入れる分野を特定して頑張るほうが良いと思います。先ずは受験のための5科目の総点検をする問題集に取り組んで、科目別の課題を決めて、受験用の問題集をやるのはいかがでしょうか。
お薦めの教材をご紹介します。

○学研 高校入試 合格BON 2015年版 5科 最頻出問題集
本来は直前対策の本です。質問者の方は10月中に一回やって、自分の本当の課題を見つけてください。1冊で5科の重要ポイントのすべてが確認できる、再度全5科目全単元を見直すのには最適な1冊。本作のような仕立てのものは、あるようでなかなか他にない1冊です。本の紹介ページを添付しておきます。ご参照ください。
http://www.yugaku.jp/SHOP/9784053039927.html

そしてできれば10月のうちに、次の科目別問題集に取り組んでください。
○学研 よく出題される順に入試対策 高校入試の最重要問題「 英語」「国語」「数学」「理科」「社会」
問題には,「正答率」や「お急ぎ」「ハイレベル」などのマークがついています。自分の学習進度やレベルに合わせて、解く問題を選ぶことができます。例えば、こんな使い方ができます。「時間がない方」…頻出の特に重要な問題「お急ぎ」マークのついたものだけ解きましょう。「基礎にまだ不安がある方」…高正答率の問題だけ解きましょう。「もっとレベルアップしたい方」…低正答率・ハイレベル問題に挑戦しましょう。受験生一人一人の好みで、自分のやりたい順番で過去問に取り組めます。質問者の方の科目別の課題に応じた取り組み方をすればいいですよ。
http://www.yugaku.jp/SHOP/9784053039736.html
http://www.yugaku.jp/SHOP/90135.html

勉強を進めると「ここが苦手」という分野がはっきりしてくるはずです。1月は、苦手に特化した対策をすれば、最後にまたぐっと実力が上がるはずです。本当に苦手の正体が見えてきたら、また質問してください。その課題に応じた最適な教材をご紹介します。合格目指して、くじけずに頑張ってください。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100019869&eid=215

ページトップへ