カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

2歳児への本の選び方

お子様、お孫様が2歳になったら、幼児用ドリルの勉強を始めましょう。2歳用の幼児ドリルの教育目的は「運筆力」や紙を切ったり、おったり、貼ったりすることを身につけることです。ラインアップは「はじめてのえんぴつ」「はじめてのクレヨン」「はじめてのめいろ」「はじめてのひらがな」「はじめてのすうじ」「はじめてのきりえ」などになります。鉛筆やクレヨンをもって、迷路を解く、文字や数字を書きなぞる、はさみを使って切る、などの練習をご家族と一緒になって行うことで、次のレベルの学習にステップアップできる基礎が身につきます。この幼児用のドリルは、実はやるとすぐに終わります。またやりたい、もっとやってみたい、というお子様の声に応えられるように、メーカーさんも「めいろ 一集、二集」など、同じテーマで複数の本を用意しています。また、くもん出版さんと学研さんがこの分野の2強メーカーで、だいたい同じテーマの本を出版していますので、例えば「めいろ」を、くもん出版さんの本の次は学研さんの本を、と順にお買い求めになるお客さまも多くいらっしゃいます。

一冊取り組んだだけで、最初はできなかった「線を書く」ことが上手になるお子様が多いようです。お子様が2歳になったら、是非幼児ドリルをお試しください。

http://www.yugaku.jp/SHOP/120828/list.html

学参,問題集,ドリル,勉強,わかる学参,問題集,ドリル,勉強,わかるくもん出版 幼児ドリルシリーズ はじめてのめいろ 「1集」 「2集」

234歳対象 くもんの幼児ドリル 「はじめてのおけいこ」「はじめてのすうじ」「はじめてのはさみ」くもん出版 幼児ドリルシリーズ はじめてのひらがな 「1集」 「2集」 くもん出版 幼児ドリルシリーズ はじめてのめいろ 「1集」 「2集」

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100019869&eid=23

ページトップへ