カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

○丸の内「WHITE KITTE 2018」(東京都千代田区2018/12)

〜本物のモミの木による、屋内では日本最大級のクリスマスツリー〜

2018も巨大ツリーが登場

 2018年、丸の内KITTEの「WHITE KITTE」は、1121日から1225日の開催。アトリウムには2018年も、高さ約15mの巨大な「ホワイトツリー」が登場。夕方からは音楽と照明による「ライトアッププログラム」が30分毎に行われます。

○どこからでもバリアフリー

 丸の内KITTEはバリアフリー施設。地上ルート、地下ルート、駅から、地下駐車場から、すべてのアクセスがバリアフリーです。

○全フロアから見る巨大ツリー

 巨大ツリーの鑑賞場所は、どこからでもバリアフリー。1Fのアトリウムから見上げる。2Fの回廊から正面に見る。3F以上の回廊から見下ろす。どのフロアも車椅子で利用できます。

 もはや恒例イベントですが、何年見ても、何度見ても、圧倒される大きなツリー。「WHITE KITTE 2018」は、車椅子で問題なく参加できるイベントです。

○GINZA SIX「クリスマス2018」(東京都中央区2018/12)

〜新作アートでファンタジーの世界が展開されるクリスマス企画〜

○入口が物語のゲートに

 GINZA SIX2018年クリスマス企画は「冬の王国と夏の王国の物語」。オリジナルファンタジーです。

 一般的なクリスマスイメージとは、少し違うディスプレイ。中央通りからの二つの入口は、ファンタジーの世界を表現したゲートになりました。

 ゲートはもちろんバリアフリー。車椅子での利用に問題はありません。

○吹き抜けは浮かぶ象

 GINZA SIXを象徴する中央吹き抜けには「光るぞう」が登場。全長14m超の大きな象が、超ハイテクによる巨大ドローンで浮かび上がっている姿。オリジナルファンタジーの物語の1シーンを現しています。

中央吹き抜け周辺はバリアフリー。車椅子で「光るぞう」を見学することは可能です。

○関連商品が登場

 「光るぞう」など、オリジナルキャラクター商品ができました。一部のショップや、中央吹き抜け部のコーナーで販売されています。車椅子での買い物に問題はありません。

○事前知識が必要

 なんとなくクリスマスのイベントかと想像はできますが、いわゆるクリスマス企画とは違うので、GINZA SIXが何をしているのか、分かりにくいかもしれません。

 「冬の王国と夏の王国の物語」は20181112日から1225日まで。期間中にGINZA SIXに来館する方は、オリジナルのファンタジーのストーリーを事前学習すると、企画をより楽しめるかもしれません。

 クリスマス企画として、新しい挑戦です。GINZA SIXは施設全域、車椅子で利用できます。

○ポーラミュージアムアネックス「WE ARE LOVE」(東京都中央区2018/12)

〜フォトグラファーLESLIE KEE2つの代表作から約100点を展示する企画展〜

○会場はバリアフリー

 銀座1丁目ポーラビル3Fにある「ポーラミュージアムアネックス」で、20181123日から1224日の開催。レスリー・キー氏の「WE ARE LOVE」は愛がテーマの企画展。入場は無料です。

 会場へは中央通りからフラットに1Fのエレベーターへ。そのまま3Fの会場に上がります。地上での車椅子アクセスに、大きな問題はありません。

○「SUPER LOVE」シリーズ

 一枚のスカーフでつながった世界中の愛を写したシリーズが「SUPER LOVE」。500名が被写体になっています。会場では約50点を展示。ボクシングの亀田三兄弟を写した作品もあります。

○「LGBT WEDDING」シリーズ

 もう一つの展示シリーズは、100組以上のLGBTカップルのブライダルフォト「LGBT WEDDING」。こちらも会場では約50点を展示。会場で映写されるビデオでは、撮影シーンが紹介されます。

○作品集が閲覧可

 会場内にはレスリー・キー氏の作品集があり、自由に閲覧できます。会期後半には会場での販売を開始する、という告知がありました。

 インパクトの大きい愛の作品です。会場内も車椅子での利用に問題はありません。

○藝大アーツ2018「障がいとアーツ」(東京都台東区2018/12)

〜奏楽堂ホールは満員になりました、8年目の藝大アーツ〜

2018の概要

 2011年から正式開催される「障がいとアーツ」。2018年は121日と2日の開催。メイン会場は藝大キャンパス奏楽堂ホールです。

 入場無料。観覧および車椅子席利用は事前申し込み者優先。以下、2018122日開催の「聞こえる色、見える音」コンサートの詳細を紹介します。

○揮毫は「絆」

 オープニングの金澤翔子さんの揮毫は「絆」でした。そしてコンサートへ。急逝された故松下副学長の作品が、計3曲演奏されました。

○視覚障害のソリスト

 2018でステージに立った障がいのあるアーティストはお二人。視覚障害のあるヴァイオリニスト川畠氏はヴィヴァルディ四季より「冬」。同じく視覚障害のあるパーカッショニスト片岡氏は、林英哲氏との共演で和太鼓協奏曲「飛天遊」。お二人とも圧巻のパフォーマンスを披露されました。

○特別支援学校から

 恒例になった特別支援学校のステージ披露。筑波附属聴覚特別支援学校の生徒は「ラデツキー行進曲」。都立八王子特別支援学校の生徒は、ベートーヴェン第九「歓喜の歌」。一生懸命の演奏と合唱です。

○車椅子でステージへ

 最後は故松下副学長の作品「幻想曲通りゃんせ」。希望者はステージに上がり、オーケストラの間に座り演奏を楽しみます。

 楽屋裏からの特別ルートを通り、車椅子でステージに上がった人は、2018年は3名でした。

 122日のコンサート、奏楽堂ホールは満員になりました。車椅子席も、2列になっての観覧です。大盛況、大成功の藝大アーツ2018「障がいとアーツ」でした。

○銀座松屋「ムーミンSTORY」(東京都中央区2018/12)

〜主役はリトルミイ、撮影自由、入場無料のイベント〜

○銀座松屋のバリアフリー状況

 銀座松屋8Fイベントスクエアで、20181128日から1210日の開催。「ムーミンSTORY〜リトルミイの秘密〜」は撮影自由、入場無料の企画展です。

 銀座松屋は一部車椅子で利用できないフロアがありますが、中央通りからの館内への動線、8Fへのエレベーターなど、会場への車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。8Fには障害者用トイレの用意があります。

○名言の数々

 会場のイベントスクエア内は、車椅子での利用に大きな問題はありません。

 ムーミンファンが楽しく遊べる企画展です。撮影ポイントは多数。人気なのはミイの名言が展示されるボード。写真だけではなく、数々の名言を楽しむことができます。また、あまり血縁に関係のない、リトルミイの家系図の展示もあります。

○グッズは300アイテム以上

 併設されるグッズ販売コーナーは大人気。オリジナル商品、新商品などと案内されるリトルミイグッズが300アイテム以上あるということです。

 ディスカウントコーナーは、車椅子で近付きにくいほどの混雑でした。

 ムーミンファンには嬉しい企画です。銀座松屋8Fイベントスクエアは車椅子で利用できます。

○シャネルネクサスホール「ジャン=ポール グード展覧会」(東京都中央区2018/12)

〜バレリーナは作品の一部です、シャネルの広告を手掛けるグード氏の作品展〜

○ネクサスホールへのアクセス

 銀座三丁目シャネル銀座ビル4Fの「シャネルネクサスホール」で、20181128日から1225日の開催。「ジャン=ポール グード展覧会」は入場無料の企画展です。

 本展では会場への入口は一か所のみ。マロニエ通り側の入口から入り、エレベーターで4F会場へ上がります。このルートはバリアフリーで車椅子での通行に問題はありません。

○会場内のバリアフリー状況

 ネクサスホール内は、基本的にはフラットな床面。車椅子での利用は可能です。

 本展では、会場内に設けられたミニシアターが段差構造で、車椅子では見学できません。ミニシアターでは、グード氏の初期から現在のまでの作品や活動を紹介する映像が放映されています。

○シャネルとのコラボレーション作品

 展示内容は、過去広告で使用されたシャネルとのコラボレーション作品の展示と、グード氏のアート作品の展示に大別されます。

 シャネル広告では「エゴイスト」などフレグランスの広告などが懐かしい。1990年頃からの作品群です。

○多種多様な表現方法が凄い

 企画展のポスターになっている、鏡に炎を映すバレリーナは人形ではありません。歌いながら会場内をバレーウォークで移動して、席に座ります。複数のバレリーナがいて、交代の時は引き継ぎの儀式を行います。

○籠の中で踊り、歌い、喋り、消える

 もう一作展示作品を紹介します。2018年の新作「ストーミーウェザーシャネル」。ハイテク系アートで、メッセージが面白い。多くの人が、長時間展示を凝視しています。

 今までにない、新しい表現を目指した企画展です。車椅子で、ミニシアター以外は鑑賞可能です。

○道の駅いちかわ(千葉県市川市2018/11)

〜野菜が少なくフードコートがない、新しいスタイルを模索している道の駅〜

○もちろんバリアフリー

 20184月に開業した「道の駅いちかわ」。6月に開通した地下を走る「外環道」の上の道から入る施設です。

 もちろんバリアフリーな施設です。バリアフリー上の特徴を詳しく紹介します。

○美しいトイレ棟

 24時間利用出来る独立型トイレ棟は、デザイン建築といってよい建物。木材を強調した棟の天井は高く、内部のスペースはゆったり。障害者用トイレは完全独立個室が一つ。他に男女別トイレ内にもスペースに余裕のある個室があります。

 そして女性トイレ内だけではなく、男性トイレ内にも、赤ちゃんおむつ替えスペースの用意があります。

○障害者用駐車区画は2台分

 障害者用駐車区画はトイレ棟近くに2台分を用意。屋根付きタイプで、トイレ棟と施設棟両方向に庇が続くので、雨の日も濡れずに利用できます。

○都心に一番近い道の駅

 新しいスタイルを模索している道の駅です。産直野菜売り場はありますが、小さい。むしろ行徳の海産物コーナーなど、千葉産物販コーナーが目立ちます。

 フードコートはなく、トラットリアが出店。カルチャースクールがあります。

○地域住民の利用

 独立型トイレ棟の裏側から、歩行者用の一般道出入口があります。施設内にはレンタサイクルが1500円で営業。駐輪場の用意もあります。

 地域住民のための施設でもある、という施設設計意図が伝わります。

○大型駐車場を重視

 車椅子利用者からみたバリアフリー情報とは離れますが、施設設計上の大きな特徴として、大型車両の駐車スペースを重視し、小型一般車両の駐車エリアと完全に区分しています。トラックの休憩に優しい配慮です。この立地の道の駅として、正しい在り方だと感心しました。

 新しいスタイルを模索している「道の駅いちかわ」は、バリアフリーレベルは最高級な施設です。

○国会前庭(東京都千代田区2018/11)

〜南北両園とも車椅子で散策できます、国会議事堂前の静かな庭園〜

○周辺はアップダウンがある地形

 衆議院が管理する庭園「国会前庭」は、入園無料の公園です。地下鉄駅などから車椅子でのアクセスは可能ですが、国会議事堂周辺は思いのほかアップダウンがあります。国会前庭までのルートは、どの方面からも舗装路で広い歩道がありますが、坂道を通ります。

○南庭はスロープあり

 和式庭園の南庭は、園内はほぼフラットな地形ですが、ところどころに日本庭園らしい段差箇所があります。池を眺めるデッキなど、一部スロープ対応がない箇所もありますが、概ね段差箇所にはスロープがあるので、車椅子での園内散策は可能です。庭園内を巡るメインの歩道は舗装路で段差はありません。

○植栽が美しい和風庭園

 南庭は春の桜から秋の紅葉まで、美しい植栽を楽しめる庭園です。そして日本の政治の中心地ながら、通常はとても静かな空間。団体客が来ていることはありますが、ワイワイガヤガヤすることは、ほとんどありません。

○北庭は傾斜路あり

 北庭は洋式庭園。構造的な段差はありませんが、「時計塔」や「憲政記念館」が高地で、アクセス路や園入口からのルートは傾斜があります。一部角度のある傾斜路があるので、車椅子での散策には少し力が必要です。

○憲政記念館へはスロープで

 北庭内の憲政記念館へはスロープ利用。車椅子での休憩所やレストランの利用は可能です。憲政記念館は入館無料の施設。障害者用トイレの用意もあります。

○北庭は桜の名所

 北庭には数多くの、そして品種も多彩な桜が植栽されています。そのため、例年長期間にわたり桜見物が楽しめます。桜の季節が終わると、ハナミズキが咲き誇ります。

 原則として閉園は年末年始だけ。毎日900から1730まで開園されています。

○日本橋高島屋SC新館・東館(東京都中央区2018/11)

〜新たに開業した「新館」と「東館」のバリアフリー状況のご紹介〜

○便利になった駐車場

 日本橋高島屋SCは地下鉄駅と直結。そして新館と東館には地下駐車場があり、車でのアクセスが便利になりました。

 新館のB4300台強を収用する機械式+自走式。機械式は幅広い乗降スペースがあるので、一般的な車椅子での乗降は可能です。

東館B370台収容の自走式。収容台数が少ないので満車になる確率は高くなります。

どちらもバリアフリー設計で駐車場フロアに障害者用トイレを用意。車椅子で利用しやすい地下駐車場です。

○上下階移動と横移動

 新館駐車場となっていますが、本館の地下部分も使用しているので、B4から本館に上がるエレベーターがあります。もちろんB4から新館に上がるエレベーターも。東館にもエレベーターがあります。

 横の連絡通路は、新館6F・本館8F・東5F、新館3F・本館4F・東館3F、そして各館B1が結ばれます。

エレベーターと連絡通路を利用して、車椅子でB1以上の一般フロアを、上下や横に移動するルートは多様です。

 2019年には、「日本橋グリーンテラス」がオープンし、新館7F・本館屋上・東館6Fが結ばれる予定です。

○各階に障害者用トイレあり

 新館は全てのフロアに障害者用トイレが用意されました。東館も商業フロアの4F5Fに障害者用トイレを用意しています。

 本館も現在では、1Fから7Fまでは各階に障害者用トイレあり。前出の通り、新館と東館の地下駐車場フロアにも、障害者用トイレの用意があります。

○仲通りはフラット構造

 本館と新館の間の仲通り「日本橋ガレリア」は、フラット構造で車椅子での移動は可能です。またすべての出入口はバリアフリー化対策が実施済みで、車椅子での出入りは可能です。

○ポケモンセンターは混むと苦戦

 東館5Fは「ポケモンセンタートウキョーDX&ポケモンカフェ」。基本的にはバリアフリーでカフェも含めて車椅子での利用は可能です。

 ただしショップ内の通路やレジへの通路はあまり広くはありません。混雑時は車椅子でのショップ内回遊はやや苦戦します。

 日本橋高島屋SCの新館・東館は、車椅子で利用しやすいバリアフリー施設です。

○二重橋スクエア(東京都千代田区2018/11)

B1飲食店街はほぼ車椅子で利用できます、201811月開業の新施設〜

3フロアの商業施設

 再開発ビルの名称は「丸の内二重橋ビル」。商工会議所、東京會舘、賃貸オフィスなどで構成される複合ビルです。

 一般商業施設の名称が「二重橋スクエア」。B1から2Fまでの3フロアの一部を使った施設です。

○駅直結で丸の内パーキングあり

 皇居を前面に見る立地。地下鉄駅とは地下直結で、地階は丸の内パーキングです。

 パーキングは広い乗降スペースがとれる機械式。一般的な車椅子での利用は可能です。また平置きの障害者用駐車区画の用意もあります。商工会議所、東京會舘、オフィスの利用車両と、一般利用車両のコースが厳格に分かれますので、スタッフの誘導や案内表示にしたがって利用してください。

○エレベーターは2系統

 二重橋スクエアには2系統のエレベーターがあります。一つはB11F2Fを結ぶ系統。もう一つは一般地下駐車場階・B11Fを結ぶ系統です。

 車椅子で雨天に地下駐車場を利用した場合の注意点です。地下駐車場からスロープ路を経由してエレベーターへ。そのエレベーターで1Fへ上がると、いったん外に出る設計です。1Fへ行く場合も、雨天はB1でいったん下りて、別系統のエレベーターにB1で乗り換えると濡れません。

○各階に障害者トイレあり

 B11F2Fの各階に障害者トイレの用意があります。また各階に赤ちゃん用のスペースが別に用意されています。これがバリアフリー標準になっていくはずです。

B1はダウンタウン

 B1は飲食店がメインのフロア。「ダウンタウン丸の内」と名付けられました。その名の通り、比較的利用しやすい価格帯のお店が入ります。ほとんどのお店は、一般的な車椅子なら利用可能な設定。入口に段差のあるお店、カウンター席しかないお店、通路が狭く車椅子が入らないお店などは見当たりません。

1F店舗は仲通りに面する

 1Fの店舗はビル内ではなく、丸の内仲通りに入口を構えた設計です。したがって二重橋ビル内から行くにも、屋根のない区間を通ります。

2Fはテラス席のあるレストラン

 2F2軒のレストラン。丸の内仲通りをみるテラス席があります。このフロアのお店は、それなりの価格帯になります。

○ユーミンジュークウオール登場

 丸の内クリスマス2018の企画として、B1にユーミン全曲聞き放題のユーミンジュークウオールが登場。期間は開業日である2018118日から同年1225日まで。ヘッドフォンで聴くイベントです。

○フロアの一部だけをつかった商業施設

 複合ビルなので、B11F2F各フロアとも、商工会議所と東京會舘が使用するスペースがあります。そのため、やや不自然な動線になる箇所も。ビルのごく一部を使用した商業施設であることを理解して、利用してください。

 二重橋スクエアは商業施設としては小規模ですが、全域がバリアフリー設計です。2018年秋、丸の内に車椅子で利用出来る新しい施設が誕生しました。

ページトップへ