カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

○東京都写真美術館「ヒューマン・スプリング」(東京都目黒区2019/04)

〜大きなインスタレーションで人間の春を表現した志賀理江子氏の個展〜

○新作による個展

 「志賀理江子 ヒューマン・スプリング」は、東京都写真美術館(TOP)で201935日から56日の開催。観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者2名まで無料に減免されます。

 志賀理江子氏の新作個展です。大きなインスタレーションを用いた展示で、車椅子からの鑑賞に問題はありません。会場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

○ワンフロアに20のインスタレーション

 会場はTOP 2F展示室。この空間を仕切りなしでワンフロアとして使用します。その広い空間に、高さ150僉濂180僉澑行60僂曚匹離ぅ鵐織譟璽轡腑鵑20個配置。前面、横面、裏面に作品が並びます。

○展示室内はゆとりあるスペース

 20個のインスタレーションは、十分にゆとりのある間隔で配置され、インスタレーション間を車椅子で問題なく移動できます。また作品は大きなサイズなので、車椅子からの鑑賞は問題ありません。

 展示室には2本の柱があります。この柱の近くだけは空間が狭くなりますが、車椅子からの作品鑑賞が不能なレベルではありません。

○東北に住み、被災する

 志賀理江子氏は2008年から宮城県に移住し、東日本大震災で被災しました。その体験が作品に込められています。

 廃墟になったCVSの写真があります。帰宅困難エリア、福島県双葉町のCVSです。

○展示室奥から裏面を眺める

 作品の楽しみ方は鑑賞者一人一人の自由です。インスタレーションの裏面は、すべて同じ人物写真が掲示されます。展示室の奥から、同じ写真ばかりが並ぶ20個のインスタレーションの裏面を鑑賞するのも、面白い体験でした。

 東京都写真美術館は改修されてバリアフリーになりました。「志賀理江子 ヒューマン・スプリング」は、車椅子でとても鑑賞しやすい展示です。

○東京国立博物館 春の庭園開放2019(東京都台東区2019/04)

〜例年より長く5月下旬まで開放されます、次々に桜が開花する春の庭園〜

519日まで開園

 春と秋にだけ公開されるトーハクの庭園。例年は2週間程度の公開期間ですが、2019年の春の庭園開放は、312日から519日までのロングラン公開。各種の桜が次々に開花する様子を長い期間楽しむことができます。

 3月下旬の金曜日と土曜日は特別に夜間開放されますが、庭園開放の時間は10時から16時です。博物館の開館時間と同じではありません。

○車椅子では東洋館側の入口から

 庭園の出入口は2か所あります。平成館側の西入口は階段があり車椅子では通行できません。車椅子では東洋館側の入口から出入りします。

○入口から本館裏までのルート

 庭園を一周するルートは、ほぼ舗装路で車椅子での通行は可能です。

 庭園入口から入ると「ミカドヨシノ」、五重塔の近くには「ケンロクエンキザクラ」があります。左手の本館裏へ進むと「ヤマベニヒガン」「オオシマザクラ」「エドヒガン」などが順次開花します。

 本館裏の広場は未舗装です。固い路面なので車椅子で通行可能ですが、雨上がりなどはぬかるむので注意して下さい。

○桜カフェとベンチ

 本館裏の広場にはキッチンカーさくらカフェが出店。ベンチがありアイスなどをいただくことが出来ます。

○本館横からの外周ルート

 その先から始まる外周路はすべて舗装されています。池の畔「六窓庵」や「転合庵」に続く道は未舗装の砂利路面なので、車椅子向きではありません。

 外周路で「応挙館」に進むまでに数本の「カンザン」があります。池の反対側まで行くと「ヤマザクラ」。池の東側まで進むと春の草花が咲く一帯があります。

 本館裏側の周辺はツツジが植栽されています。5月には美しく咲くことが期待されます。

○印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18」(東京都文京区2019/03)

〜美しい本のコンクール入選図書を手にとってみることできます、毎年恒例の無料企画〜

○会場はP&Pギャラリー

 印刷博物館の恒例企画「世界のブックデザイン」。今回は20181215日から2019331日までの開催です。

 会場は印刷博物館1FP&Pギャラリー。入場無料の企画展です。

 会場はフラット構造でバリアフリー。車椅子での来場および展示鑑賞は可能です。障害者用トイレは印刷博物館B1にあります。

○世界の美しい本を楽しむ

 展示される本は2017年から2018年に開催された「世界でもっとも美しい本コンクール」の入選図書と、世界7か国のコンクールに入賞した図書です。

 多くの図書は車椅子から手の届く高さに展示されます。一部やや高い展示台がありますが、車椅子から手を伸ばせば届く高さです。

○手にとって読める

 「世界のブックデザイン」の特徴は、展示されている図書を実際に手にとって読めることです。

 壊れやすい図書には「取扱注意」という表示があります。一部汚れが付きやすい本の横には白い手袋が置いてあります。該当の本は、手袋をして触るルールです。

○世界の本に驚く

 展示される図書をみると、世界には様々なデザインの本があることに驚きます。「2018世界でもっとも美しい本コンクール」の「金の活字賞」を受賞したのは、スイスの本でした。

○変わった本にまた驚く

 もの凄く大きな判型の本があります。特殊な印刷技術を用いた本もあります。非日常的なデザインの本にも驚きます。

 毎年、12月から3月にかけてP&Pギャラリーで開催される恒例企画。「世界のブックデザイン」展は、車椅子で来場可能、鑑賞可能です。

○KITTE「コクヨハク」(東京都千代田区2019/03)

〜会場は大賑わいです、文具のコクヨが開催する文具イベント「コクヨの博覧会」〜

○今回で7回目

 コクヨの博覧会、略称コクヨハクは今回で7回目になる人気イベントです。今回のテーマは「コクヨランド」。遊園地のようなワクワク感のある演出で、文具の楽しさを表現します。新商品、企画商品、限定商品など、コクヨの文具と出会えて買えるイベントです。

○会場はKITTEB1

 会場は東京駅前の丸の内KITTE B1のイベントスペース「東京シティアイ」。開催は330日から41日までの3日間です。

 人気商品「測量野帳」は、事前予約で完売です。

○会場は大混雑

 会場およびその周辺は、基本的にはバリアフリーで車椅子での来場に大きな問題はありません。

開場時間は11時から20時まで。今回はお昼過ぎに出かけたところ、会場は大混雑で車椅子での利用は事実上難しい状況でした。

 入場制限が終った直後の時間帯で、レジ待ちの行列が会場内を1周しています。

○欲しくなる文具がたくさん

 混雑の中、車椅子で動ける会場中央部の商品をチェック。面白い文具が数多くあります。イベントの人気の理由が分かります。

 「コクヨハク」は大人気で混雑します。次回も会場が同じであれば、車椅子ではピークズラシをした来場をお薦めします。

○アークヒルズさくらまつり2019(東京都港区2019/04)

〜カラヤン広場は大賑わい、車椅子で楽しむ春の恒例イベント〜

○散り始めた桜の中

 毎年恒例のアークヒルズさくらまつり。2019年は45日から7日の開催です。カラヤン広場をメイン会場に、アークヒルズ各所でサクラのディスプレイや関連イベントが行われます。

 散り始めた桜の中、大勢の来場者で賑わいました。

○グルメ屋台を楽しむ

 カラヤン広場では、アークヒルズに出店している有名グルメ店が自慢のメニューを屋台販売。いつにないメニューを気軽に楽しむことができます。

 サントリーホール側やアークさくら橋側にはフリーテーブル席があります、席を確保出来れば車椅子での飲食は可能です。

○ヒルズマルシェで楽しむ

 アークヒルズさくらまつり期間中は、特別に3日間連続でヒルズマルシェが開催されます。カラヤン広場はフラット構造なので、車椅子での買いものが可能です。

○音楽イベントを楽しむ

 7日は恒例の和太鼓コンサートを開催。カラヤン広場特設ステージでの無料ライブです。正面に椅子が配置されますが、フリーコーナーもあるので、好きな場所から車椅子で参加することが出来ます。

○さくら橋から桜を楽しむ

 アークヒルズとサウスタワーを結ぶ「アークさくら橋」。アークヒルズ側からは段差迂回スロープを利用します。

 アークさくら橋からは、スペイン坂の桜並木を上から眺めることが出来ます。

○車椅子での注意点

 アークヒルズさくらまつりに車椅子で参加する場合の注意点です。

 カラヤン広場の「お花見エリア」は、靴を脱いで利用する緑のお座敷です。

 特別公開される「ルーフガーデン」は、階段構造です。

 周囲の桜並木があるスペイン坂や泉通りは、アークヒルズを起点にして散策をすると、急坂を通ります。車椅子では無理のない範囲でお花見を楽しむようにしてください。

 アークヒルズはバリアフリー化が進みました。ただし障害者用トイレは、1F3Fに用意されます。カラヤン広場がある2Fにはありません。

○東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2019」(東京都港区2019/03)

〜今回も個性が輝きます、アートコンペ受賞作家6人の新作展〜

○大作揃い

 恒例のストリートミュージアム。2019315日から526日の間、東京ミッドタウンB1のメトロアベニューにて、2018年アートコンペ受賞作家6人の作品が展示されます。

 表現のジャンルや手法は様々ですが、2019は大型作品が多い。車椅子での作品鑑賞に大きな問題はありません。一部の作品を紹介します。

○犬が野生にかえる

 犬も元々は野生動物。本来ある生命の躍動を感じる作品です。人も犬も、自然に自由に生きる。作品から力強さを感じます。

○出る杭は打たれても生きる

 叩かれても負けない人は素晴らしい。出る杭となってモグラ叩きにあう人たちへの応援作品です。

○偶然の一致は意味がある

 ストリートミュージアムでの作品との出会いは偶然なのか、意味のある必然なのか。そして東京ミッドタウンに集う人たちにとって、この瞬間の意味は何なのか。作者は意味のある偶然の一致と解釈します。

○普通の日は柔らかい

 よく見ると、大変な手間がかかった刺繍がほどこされた大きな布。テーマは普通の日常生活。普通とは柔らかく、そして実は複雑に小さなことが積み重なった奇跡。

 2019のストリートミュージアムは、例年よりも更に、車椅子から鑑賞しやすい作品が展示されています。

○トッパン小石川ビル「可能性アートプロジェクト展」(東京都文京区2019/03)

〜印刷博物館があるビルのエントランスで開催される、障害者アートの無料展示会〜

○初めての開催

 「可能性アートプロジェクト展」は、今回初めて開催される障害者アート展です。

 会場は印刷博物館がある「トッパン小石川ビル」の1Fエントランス。2019325日から425日までの開催。入場は無料。エントランスホールの壁面を利用した展示です。

○アーティストは18

 凸版印刷と島根県の「サポートセンターどりーむ」の共同企画です。アーティストは「サポートセンターどりーむ」に在籍する18名。展示作品数は31点です。

○動くギターマン

 凸版印刷が企画運営、そしてプリマグラフィやARコンテンツなどの技術協力を行っています。

 例えば作品「ギターマン」は、スマートフォンをかざすと作品が動き、ギターが鳴ります。

○テーマは可能性

 作品の共通テーマは「無限の可能性・才能」。個性的な31作品です。

 新しい障害者アートの企画展が誕生しました。会場はバリアフリーで、車椅子での来場、作品鑑賞は可能です。

○東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA 1st Anniversary」(東京都千代田区2019/03)

〜巨大な「1」が出現、ミッドタウン日比谷の1周年イベント〜

○柱が「1」に変身

 東京ミッドタウン日比谷の開業1周年イベント「HIBIYA 1st Anniversary」は、2019322日から414日までの開催。エントランス周辺がメイン会場です。

 エントランス前の柱は「1」に変身。会場にあるQRコードからアクセスすると、巨大なケーキのロウソクになるオリジナルフォトフレームが現れる企画もあります。

○花の輪舞は車椅子可

 ステップ広場には、生け花の巨大アート「花の輪舞」を展示。外側から見て楽しむ、内側に入ってまた楽しむアートです。

 「花の輪舞」内部に入る箇所は、大きく盛り上がっていますが段差ではないので、乗り越えて車椅子で入ることは可能です。

○階段は桜アート

 ステップ広場の階段は桜アート「桜の波動」。階段なので車椅子からは1Fから、または2Fから眺めます。

○アトリウムには特設ステージ

 1F屋内のアトリウムには特設ステージが設けられ、映画に関連したイベントが開催されます。

 イベントがない時間帯は、映画の予告編が続々と上映されます。

 「東京ミッドタウン日比谷」は最新のバリアフリー施設です。いまのところ週末の地下駐車場は空いています。施設全般、車椅子での利用に大きな問題はありません。

○六義園(東京都文京区2019/03)

〜未舗装路ですがほぼ全域を車椅子で散策できます、元禄時代に造営された大名庭園〜

○車椅子でのアクセス方法

 国の特別名勝に指定された都立庭園「六義園」。最寄りの駅は駒込で、車椅子では駅から徒歩10分程度かかります。シダレザクラの開花時などイベント開催期間だけ開門される「染井門」までなら3分程の距離です。

 駅からのルートはほぼフラットで、歩道が整備された道を進みます。車椅子での移動に大きな問題はないルートです。

 専用駐車場はありません。車利用の場合は近隣の民間有料駐車場か、本郷通りのパーキングメーターの利用になります。

○障害者減免あり

 入園料は各種障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。入口にある発券所で手帳を提示して入園手続きを行ってください。

○園内は舗装路なし

 正門を入ると舗装路はありません。園内はすべて未舗装路で、固い路面に薄く砂利が敷かれています。多少のデコボコはありますが、路面が乾燥した状態であれば、一般的な車椅子利用者なら移動可能な路面です。

 園内には数か所、車椅子では通行不能な段差路がありますが、そこを迂回して車椅子でほぼ園内を一周できます。公園のパンフレットに「車椅子通行可能ルート」の案内が表示されています。

○障害者用トイレあり

 トイレは園内4か所に設置されています。障害者用トイレは、もっとも正門に近いトイレに1つ用意されています。

○お茶屋さんは車椅子可

 シダレザクラの近くにお茶屋さんがあります。店内はフラットでテーブル席なので、空いていれば車椅子での利用は可能です。

 イベント開催時などは屋台が出店し、フリーテーブルが配置されることもあります。

○シダレザクラは正門の近く

 六義園のシダレザクラは正門の近くです。シダレザクラまでなら、未舗装路が苦手な車椅子利用者でも、移動できる可能性が高い短距離です。開花時は夜間のライトアップが行われます。

○和歌の庭園

 御側用人、柳沢吉保の文学的な素養が反映された庭園です。和歌や漢詩に詠まれた名勝を表現した造作が展開します。古事記の知識も必須です。

 週末にはボランティアによる庭園ガイドが行われます。

 「六義園」内は全行程が未舗装路ですが、多少のデコボコなら許容できる車椅子利用者なら、和歌の庭園を鑑賞できます。

○日本橋桜フェスティバル2019(東京都中央区2019/03)

〜福徳の森に10万球のLEDが反応する灯桜が登場、日本橋春の恒例イベント〜

○日本橋はバリアフリー

 日本橋の春のイベント「桜フェスティバル」。2019年は315日から47日の開催。コレド室町周辺で各種のイベントが開催されます。

 会場周辺はバリアフリー。車椅子での散策に大きな問題はありません。

○高さ8mのデジタルツリー

 2019年は10万球のLEDが音・風・人に反応する灯桜が福徳の森に登場。点灯時間は17時から20時まで。高さ8mの桜の木を模したデジタルアート作品です。

 福徳の森の広場はフラットな空間で、灯桜の周りを車椅子で移動することは可能です。

○仲通りはサクラカーペット

 仲通りは光と音と映像でサクラカーペットが敷かれます。長さは約16m。来場者の動きによって演出が変わります。この企画も点灯時間は17時から20時までです。

○週末は桜屋台

 330日(土)と31日(日)は桜屋台イベント。日本橋のグルメが集まります。混雑して大変ですが、基本的には車椅子で屋台での買い物が楽しめるイベントです。

○本物の桜のライトアップ

 恒例の桜ライトアップが各所で行われます。いずれの会場も車椅子からの夜桜鑑賞は可能です。

 日本橋桜フェスティバルは、車椅子で楽しめるイベントです。

ページトップへ