カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

○くりはま花の国(神奈川県横須賀市2018/10)

〜コスモス・ポピーの花畑が見事です、入園無料の花の公園〜

○標高差90

 「くりはま花の国」は丘陵の公園で、公園内の高低差が最大で90mあります。したがって園内ほぼ全域が傾斜面。車椅子で坂道を上り下りする必要があります。

 入園無料の公園で、アーチェリーやエアーライフル、パークゴルフなどの施設利用は有料です。

○駐車場は障害者減免有り

 公園専用の有料駐車場があり、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。管理棟や売店、レストランなど、スタッフがいる施設に行き、駐車券と障害者手帳を提示して減免手続きを受けます。

○車椅子ではコスモス・ポピーを楽しむ

 公園は大きく3つのエリアに分けることが出来ます。

 正面入口の先からが「コスモス・ポピー園」。最高地点付近は、大型遊具がある「冒険ランド」。第二駐車場側はアーチェリーやエアーライフルの施設とロング滑り台などのエリア。

 車椅子で「くりはま花の国」を楽しむなら、開花の季節に「コスモス・ポピー園」を眺めるのがお薦めです。

○第一駐車場は障害者区画なし

 アクセスは車が便利です。「コスモス・ポピー園」に行くなら第一駐車場を目指します。収容台数は180台。障害者用駐車区画の用意はありません。

 斜面にある駐車場なので、駐車スペースが上下2段に分かれ、周回しながら駐車スペースを探します。逆戻りは出来ない一方通行です。乗降しやすい場所を即判断して、駐車場所を決めてください。

駐車場内の移動および駐車場の出入口は、車椅子でも何とかなりますが、快適なバリアフリーではありません。デコボコや傾斜、一部狭い箇所を通ります。

○第一駐車場から公園入口まで

 駐車場から出て公園へ向かいます。この付近は上り坂で、歩道は少し狭く、ところどころにデコボコがあります。車両の通行がない状況なら、むしろ車道を通行する方が楽です。

 公園の門を通過し園内に入ってからも、ずっと上り坂が続きます。

○車椅子では難しい施設

 公園に入ると左手にレストラン、右手に売店があります。どちらでも駐車料金の減免手続きが出来ます。

 「レストランうおくに」は階段で向かいます。横に車用のスロープ路がありますが、急坂で車椅子での通行は無理です。

 売店「コスモス館」は平屋構造で、入口には簡易的な段差解消版が置かれています。この段差解消版は、一般的な車椅子利用者は通行できないタイプです。介助者がいて車椅子の前輪を高く持ち上げれば、なんとか館内へ入ることが出来るかもしれません。

○「コスモス・ポピー園」の傾斜はきつい

 売店「コスモス館」の先に「コスモス・ポピー園」が広がります。園内に舗装された散策路が2本あり、その内の1本は滑り止め効果を狙った低い凹凸がある道。車椅子で通行できますが、ガタガタと衝撃がきます。2本の散策路とも傾斜はきついので、車椅子利用者は元気な介助者との同行をお薦めします。

○トイレは公衆トイレ

 障害者用トイレは、売店「コスモス館」の先にある公衆トイレに併設されています。トイレのレベルは、公園の公衆トイレレベルです。

○混雑に注意

 コスモス、ポピーの開花時は、大変混みあいます。駐車場が満車になることも多く、その場合は臨時駐車場が開設されます。

 臨時駐車場は第一駐車場よりも公園に近く、坂道の距離が短くて済みます。駐車区画がアバウトなため、誘導スタッフに車椅子利用を相談すると、乗降しやすい場所に駐車させてもらえることもあります。

 車椅子利用者の場合、臨時駐車場が利用できると、むしろ便利です。臨時駐車場まで満車になると、停めるところがなくなります。

 園内の傾斜はきつく、施設のバリアフリーレベルも高くはありませんが、「くりはま花の国」は、頑張れば車椅子でコスモスやポピーを楽しめます。

○ヴェルニー公園(神奈川県横須賀市2018/10)

〜駐車場は障害者減免があります、バラ園がある海沿いのバリアフリー公園〜

○横須賀港臨海公園

 横須賀製鉄所を建設し運営した、仏人技師ヴェルニーの名を冠した無料の公園です。横須賀港沿いに細長く伸びる公園で、海の景観が美しい。また春秋はバラ園が美しい。公園内はフラットで車椅子での散策に大きな問題はありません。

○アクセスは良好

 駅から近く、公園専用駐車場もあります。公園駐車場は有料ですが、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。駐車場内の事務所で手続きをして下さい。

 駐車場には障害者用駐車区画の用意があります。そこから公園内へ抜けるルートは、「いこいの広場」を通る区間20mほどは未舗装路。デコボコが嫌いな車椅子利用者は、駐車場出口から迂回して下さい。

○ボードウォークを楽しむ

 海沿いは「ボードウォーク」。車椅子で快適に散策できます。大きな「フランス式花壇」があり、季節のお花を楽しむ、そしてバラの季節は園内各所のバラエリアを楽しむ。桜の季節も美しい。海とお花をバリアフリーに楽しめる公園です。

○カフェレストランあり

 公園内には車椅子で利用可能なカフェレストランがあります。スロープルートから入店してください。2017年にリニューアルされた内外装が新しいお店で、紅茶が自慢です。

○ヴェルニー記念館にはスチームハンマー

 公園の横須賀駅側に、車椅子で利用出来る「ヴェルニー記念館」があります。入館無料。ワンフロア構造で館内はフラット。出入口のドアは手動ドアです。

 展示の目玉は横須賀製鉄所で使用された「スチームハンマー」。日曜日には実演があります。

○トイレは記念館横

 公衆トイレはヴェルニー記念館の横に併設されています。障害者用トイレがあり、現時点では設備はウォシュレットなし。広さは一般的なレベルです。

 公園に隣接して商業施設「ショッパーズプラザ横須賀」がありますが、現状ではショッパーズプラザの障害者用トイレはかなり低いレベルです。むしろ公園の公衆トイレの利用をお薦めします。

○軍港巡りツアーが大人気

 船で横須賀港を巡る有料ツアーの発着場所が公園の隣接地です。このツアーはとても人気があり、週末は予約が必要なほどです。

 「YOKOSUKA軍港めぐり」は、車椅子乗船可能となっています。ただし事前予約が必須で、さらに制約条件があるので、詳しくは個別に確認してください。

美しい横須賀港の臨海公園です。車椅子での利用をお薦めできます。

○東京ハーヴェスト2018(東京都港区2018/10)

2018は虎ノ門で開催されました、日本の食を知る全国生産者イベント〜

○会場はヒルズと新虎通り

 「東京ハーヴェスト2018」は、「虎ノ門ヒルズ」と「新虎通り」で、20181011日から13日まで3日間開催されました。2018年のテーマは「いまここでしか出来ない」「日本の食を知る100の体験」。ヒルズ内の「ワインファクトリー」では、マグロの解体ショーが開催されました。

○土曜日は大賑わい

 木曜日から土曜日までの3日間開催。木曜日と金曜日は夕方から。最終日の土曜日は11時からの開催です。

 土曜日の午後は、会場周辺は大変な賑わい。通常の週末の虎ノ門とは、全く違う雰囲気です。

○ヒルズ会場のバリアフリー状況

 「東京ハーヴェスト2018」の車椅子目線でのバリアフリー状況です。

 虎ノ門ヒルズはバリアフリー施設ですが、「東京ハーヴェスト2018」の会場としては、車椅子では苦戦する箇所が幾つかありました。

○アトリウム内の移動は昇降機利用

 1Fから2Fにかけての「アトリウム」に多くのお店が出店しましたが、ここは途中に段差がある構造。車椅子では昇降機を利用する必要があります。

 外側の「ステップガーデン」に、自由に使えるテーブル台が設置されていますが、足が入らないので車椅子では利用できません。

○ステージ鑑賞は未舗装面から

 「オーパル広場」にステージが設置されましたが、鑑賞エリアは車椅子では通行し難い芝生の上でした。以上が車椅子利用で気が付いた課題です。

○新虎通り会場のバリアフリー

 新虎通りは屋台出店が中心なので、車椅子利用でも大きな問題ありません。フリーテーブルが置かれた「農場」は、車椅子で利用できました。

○亀田の「手焼きせんべい」は行列

 面白い企画が多々ありました。見ている限りで最も行列が出来ていたのは、柿の種の「亀田」の「手焼きせんべい試食」。ただ今15分待ち、という掲示がありました。

 六本木ヒルズで開催された時に比べて、全体的にスペースの余裕があるので、車椅子で参加しやすいイベントになりました。2019年の開催が楽しみです。

○掬水亭(埼玉県所沢市2018/10)

〜多摩湖の景観が楽しめる、ホテル&レストランと日帰り温泉の施設〜

○西武遊園地のお隣

 貯水池「多摩湖」の湖畔に建つ施設です。場所は西武遊園地のお隣。6F構造で、眺めの良い最上階は中華料理のレストラン。1F2Fの大浴場は、日帰りでも利用できます。

○駐車場のバリアフリー状況

 「レオライナー」の「遊園地西」駅からは徒歩1分ですが、1Fエントランスまでは急坂があるので、車椅子利用者は車の利用が便利です。

 専用駐車場があり収容台数は40台。障害者用駐車区画はありません。駐車スペースの多くは狭くて傾斜路面なので、健常者がドライバーの場合は、車椅子利用者はエントランス前での乗降をお薦めします。

○障害者用トイレは1F

 館内への出入口は自動ドア。1Fは受付やお土産コーナー、喫茶などがあり、段差構造箇所は全てスロープ対応です。

 障害者用トイレは、レストランフロアには無く1Fだけです。車椅子でのレストラン利用の際は、この点はご注意ください。

○レストラン展望席は2段下

 6Fのレストランは、多摩湖を見下ろす眺望が素晴らしいお店です。ただし窓際の席へは2段の段差があります。テーブル席からでも眺望が楽しめるので、段差が無理な方は無理せずに。週末は混むので予約がお薦めです。予約時に、車椅子利用と障がいの状況をスタッフに相談してください。

○日帰り温泉は一般的なフラット状況

 日帰り温泉施設は、完全バリアフリーではなく、特別な車椅子対応もありませんが、今どきの仕様です。介助歩行が可能な方なら、なんとか利用出来ると思います。障がいの状況をスタッフに相談してください。

 狭山茶を配合した、天然色素のオリジナルパウダーを使用。名称は「狭山の茶湯」です。

 古い施設ですが改装されてとても綺麗。車椅子でのレストラン利用は可能です。スタッフに障がいの状況を事前に相談して、バリアフリーな対応をお願いして下さい。

○浅草文化観光センター(東京都台東区2018/10)

〜障害者用トイレを3箇所用意、車椅子浅草観光の頼もしい拠点〜

○隈研吾氏の設計

 浅草雷門の正面にある「浅草文化観光センター」は、車椅子での浅草観光の頼りになる拠点です。

B1は一般用トイレ。1Fが観光案内所。2Fは観光情報コーナーと授乳室。6Fは多目的スペース。7Fは展示スペース。8Fは展望テラス。隈研吾氏の設計による個性的な外観。内部はバリアフリーです。

1Fの障害者用トイレが便利

 車椅子浅草観光の第一の問題はトイレです。浅草文化観光センターで、障害者用トイレを借りることが出来ます。

 エレベーターを利用せずに使える、1Fの「だれでもトイレ」がとても便利です。オストメイトに大人が利用出来る大型シートの用意があります。

4F7Fにも障害者用トイレ

 1Fの他に、4F7Fにも「だれでもトイレ」を用意。この2か所にはオストメイト、大型シートはありません。

○近づけないほど混むこと

 浅草が空いている場合は、車椅子での浅草文化観光センターの利用に大きな問題はありません。1Fのトイレは見え難い場所にあるので、分からないときは観光案内所のスタッフに聞いてください。

 問題は混雑時です。車椅子で観光センターに近づけないほど混むことがあります。

○混雑時のエレベーター利用は覚悟して

 車椅子で観光センターに近づけないほどではなくても、ほぼ毎日浅草文化観光センターは混雑しています。10時から16時の間は、エレベーターは混むと覚悟をしてください。

 その場合、4F7Fのトイレを利用すると、簡単にはエレベーターに乗れない可能性があります。もちろんその時次第、運次第ですが。

○利用時間は20時まで

 お祭りの日、お正月、ゴールデンウィークなどは特別ですが、通常の日の場合、浅草は夕方になると空くことが多い街です。車椅子で混雑を避けるお薦めの作戦は、少し遅く観光に行くことです。浅草文化観光センターの利用時間は、20時までです。

 浅草文化観光センターは、極端な混雑に巻き込まれなければ、車椅子での浅草観光の頼りになる拠点です。

○浅草寺(東京都台東区2018/10)

〜本堂はエレベーターで上がります、車椅子でお参りが出来るバリアフリー寺院〜

○参道はバリアフリー

 浅草の浅草寺は、車椅子でお参りが出来るバリアフリー寺院です。問題は混雑だけ。お祭りの日、節分やほおずき市など人気の高い年中行事の日、そしてお正月。こういう大混雑日の車椅子でのお参りはお薦めしません。

 通常の状態での参道のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

○雷門は横から

 参道のスタート地点は雷門。常に観光客で込み合うので、車椅子では横を抜けて進みます。大混雑日でなければ、横の歩道は車椅子で十分に通行可能です。雷門の見学と記念撮影は、横からでもそれなりに出来ます。

 門を過ぎたところで、後方から門の正面へ。雷門の裏側は、それほどは混雑しません。車椅子で楽に観光が出来るはずです。

○仲見世はそれなりに

 参道を進むと仲見世に入ります。路面はフラットで車椅子での通行に問題はありません。

 お店にもよりますが、仲見世のお店は販売台の高さが低いお店が多く、車椅子から商品が見やすく、手が届きやすいお店が多いと思います。仲見世の問題は混雑だけです。

○「宝蔵門」は門をくぐる

 仲見世を抜けると「宝蔵門」へ。門の下は段差構造のお寺が多いのですが、「宝蔵門」はバリアフリーです。車椅子で「宝蔵門」をくぐり境内に向ってください。ここでも門をくぐってから、後ろから「宝蔵門」を眺めることをお薦めします。

○お水舎は少し苦戦

 「宝蔵門」の先も参道はフラットな舗装路です。お水舎は車椅子ではやや苦戦します。無理のない範囲で清めてください。

 「常香炉」は車椅子でも何とかなります。問題は混雑だけです。

○エレベーターで本堂へ

 本堂前に到着します。大混雑時は別ですが、本堂階段前の行列が2030mくらいなら、そのままエレベーターを目指して大丈夫でしょう。エレベーターは本堂の左側です。大きなサインがあるので、すぐに分かります。

○本堂内へ

 エレベーターは地上と本堂の2フロア対応。本堂フロアに着いた先はスロープで進みます。そしてそれほど横入りする感覚もなく、お参りができるはずです。

○内陣は靴を脱いで

 本堂内は車椅子で移動できますが、内陣は段差構造で土足厳禁です。また本堂右側にはスロープがないので、車椅子で外部に出ることは出来ません。

 参道から本堂にかけて、浅草寺はバリアフリー構造で、車椅子でのお参りができます。ただし大混雑時は車椅子では苦戦するので、通常の人出の日のお参りをお薦めします。

○下町風俗資料館(東京都台東区2018/10)

〜古い施設ですが車椅子での入館は可能です、大正時代の庶民の生活を知る資料館〜

○入口にスロープあり

 上野公園不忍池の畔に建つ「台東区立下町風俗資料館」は、1980年に誕生した施設で、その後大規模な改修は行われていません。したがって基本は段差構造の施設です。それでも資料館入口までスロープを通り、車椅子で入館することが出来ます。

○障害者減免あり

 有料施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。入口すぐに受付があるので、入館手続きを行ってください。

○エレベーターはスタッフが同乗

 資料館は1F2F2フロア構造でエレベーターがあります。エレベーターは老朽化により不具合が生じる恐れがあり、20187月より「調整中」となりました。健常な人は階段で上下階移動をします。

 車椅子利用者はスタッフ同乗でエレベーターを利用します。スタッフに利用を申告してください。

○障害者用トイレは広い個室

 1Fに障害者用トイレがある案内になっています。このトイレは一般的にイメージする障害者用トイレではありません。1Fには広い個室トイレが一つあります。

○長屋奥へはデコボコ通路

 1Fの展示は、大正時代の下町の町並みを再現したもの。「商家」は入口に段差のあるお店、「駄菓子屋」は靴を脱いで上がるなど、車椅子では利用できない展示企画があります。

 再現された長屋の奥に向かう「路地」は、石畳風の路面で車椅子では通行し難い路です。

2Fの玩具は車椅子で利用可

 2Fの展示は車椅子で概ね見学可能です。大正時代の銭湯を再現。そしてコマやけん玉など、昔のおもちゃで自由に遊ぶことが出来ます。

○昭和に出来た大正時代の資料館

 江戸時代の風俗を知る資料館と昭和の生活を知る資料館は、各地に数多くあります。「台東区立下町風俗資料館」は、昭和55年に開館した大正時代を知る資料館。展示物を見ると、ここが希少な資料館であることを実感できます。

○想像以上の入館者数

 小さな有料の施設ですが、立地が良いので、続々と入館者が現れます。今回訪問時は、日本人が7割ほどでした。

 古い施設で展示もバリアフリーではありませんが、車椅子で入館可能です。無理のない範囲で、車椅子から展示を見学してください。

○真壁伝承館(茨城県真壁町2018/09)

〜真壁陣屋の跡地に建つ、グッドデザイン賞を受賞した施設〜

○複合公共施設

 2011年に開館した茨城県桜川市の公共施設です。公民館、図書館、資料館の機能に加え、300人収容の「まかべホール」や音楽スタジオなどがある複合施設。中核施設である「真壁伝承館歴史資料館」は入館無料です。

○真壁陣屋跡地

 この地は江戸時代の行政地「真壁陣屋」の跡地。池や堀の跡が見つかり、多数の遺物が出土しました。

 そういう目で見ないと分かりませんが、池や堀、水路などの跡を、建物や敷地の舗装で表現しています。そして遺物は歴史資料館で展示されています。

○グッドデザイン賞を受賞

 とても凝った設計の素敵な施設で、2012年度グッドデザイン賞を受賞しました。建築物として見学する価値があります。

○バリアフリーに問題なし

 2011年の施設ですから、バリアフリー面での問題はありません。障害者用トイレは複数箇所用意されています。駐車場には障害者用駐車スペースの用意あり。施設全域、基本的には段差のない構造です。

○歴史資料館はコンパクト

 「真壁伝承館歴史資料館」には、2つの常設展示室と1つの企画展示室があります。館内には障害者用を兼ねた「誰でもトイレ」を一つ配置。一般トイレはありません。

 常設展示室1では真壁の歴史を紹介。常設展示室2では、江戸時代の真壁陣屋を展示解説します。

○真壁は伝統的建物保存地区

 真壁町は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。真壁伝承館は、その町並みに配慮された設計の公共施設で、町歩きの拠点にも利用できます。

 建物自体のデザインが楽しめ、無料の歴史館があり、町歩きの拠点にもなるバリアフリー施設です。真壁伝承館は、車椅子で安心して利用できます。

○箱根温生花園(神奈川県箱根町2018/09)

〜散策路の70%はバリアフリー木道です、1700種の温生植物を楽しめる自然園〜

○一部に未舗装路あり

 箱根仙石原の「箱根温生花園」は、車椅子で箱根の自然を楽しめる植物園です。整備された園内の散策路を巡り、1700種の温生植物を鑑賞します。

 散策路の約70%は、車椅子で通行しやすい幅広い木道です。約30%は未舗装路と、車椅子がひっかかるタイプの木道。この未舗装区間を通らないと、バリアフリー木道に行くことが出来ません。

○駐車場からエントランスへ

 アクセスは車が便利。障害者用駐車区画の用意がある無料駐車場があります。駐車場の周囲には食事処やお土産屋が数軒あり、箱根温生花園の入口は見えません。案内標識にしたがって通路を進むと、箱根温生花園の入口が見えてきます。この区間は多生のデコボコはありますが、車椅子での移動に大きな問題はありません。

○障害者減免は一般割引と同額

 入園料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が100円割引されます。これは各所に置かれている割引券と同額の減免で、割引の併用はできません。

 この減免制度とは別に、福祉団体などを対象に、入園料が無料に減免される制度があります。事前の手続きが必要です。詳しくは直接箱根温生花園にお問い合わせください。

○入口周辺が未舗装路

 園内に入ると、散策コースが案内されています。正面左手へ向かうコース。入口から50mほどが未舗装路で、その先に車椅子がひっかかるタイプの木道があります。ここさえ乗り切れれば、途中に何か所か未舗装路が出てきますが、ほとんどがバリアフリー木道です。

 園内を一周すると、またこの入口周辺未舗装路に戻ります。最初と最後に未舗装路を通ります。ぬかるむので、雨上がりの来園は避けた方がよいでしょう。

○植物の案内標識が充実

 散策コース沿いには1700種の温生植物。植物の周りには、驚くほど数多くのガイド掲示があります。知識が薄い方でも、この植物はなんなのか、よく解るので安心してください。

○障害者用トイレは入口近く

 園内の主要施設は入口近くの建物内にあります。管理事務所、売店、喫茶コーナー、障害者用トイレもここ。広くて設備更新されているトイレです。

 植物園らしい施設は「展示室」。小規模ですが箱根仙石原の動植物が紹介されています。そして売店では、植木や各種植栽を販売しています。食虫植物も販売されていました。

○秋はススキ、冬季は閉園

 箱根温生花園は、12月から2月は閉園します。開園期間は年により変わるので、確認してご利用ください。開園期間中は原則無休です。

 仙石原といえば秋のススキが有名。箱根温生花園は「台ヶ岳ススキ草原」のすぐ近く。園内のバリアフリー木道から雄大なススキ草原が眺望できます。

 箱根の雄大な自然の中で、本物の温生植物を鑑賞できます。箱根温生花園は全面的にバリアフリーではありませんが、多少のデコボコなら何とかなる人なら、車椅子で散策できます。

○つむぎの館(茨城県結城市2018/09)

〜ショップは車椅子で利用できます、結城紬の小さなミュージアム〜

○コンパクトなミュージアム

 結城紬の地元問屋さんが、100周年事業で開設したミュージアムです。施設への入場は無料。資料館は有料。染織体験も有料です。

 9つの建屋からなる施設ですが、想像するよりもコンパクト。古き良き時代の結城をオマージュした、古民家風ミュージアムです。

○無料駐車場あり

 結城駅より徒歩10分ですが、アクセスは車が便利です。「つむぎの館」入口の、道の反対側に無料駐車場があります。収容台数は20台ほどです。

 この駐車場は荒い砂利路面です。石粒の路面と表現したほうが正確かもしれません。障害者用駐車区画の設定はありません。車椅子では通行に苦戦する路面なので、なるべく施設よりの駐車区画に停めることをお薦めします。

○資料館は車椅子入館可

 小さな有料の資料館があります。スロープ仕様のアプローチを通り入口へ。無人の資料館で、入口に入館料を入れる箱が置いてあります。障害者減免についての案内はないので、おそらく減免措置はないと思われます。

 1Fの入口は手動ドア。2F構造で階段のみ。車椅子では1Fだけの見学になります。結城紬の歴史を伝える日本で唯一の資料館、ということです。1Fは結城紬の関連資料や道具などの展示。2Fは時代による結城紬の変遷を現物展示しています。

○ショップは「結の見世」

 正面入口左手に、総合案内所を兼ねる結城紬のショップ「結の見世」があります。車椅子では、店舗正面の出入口よりも、奥側の出入口からの利用がよりバリアフリーです。どちらのドアも手動ドアです。

 ここにしかない結城紬のオリジナル商品があります。純国産の手工芸品ですから、お値段はそれなりです。

○古民家陳列館は段差構造

 結城紬を200点以上展示している、無料で鑑賞できる「古民家陳列館」があります。総合受付に申し込み、見学をします。

150年前の古民家を移築して陳列館にしたということ。出入口は段差があり、内部は畳敷きなので、車椅子での内部見学は難しい施設です。

○障害者用トイレあり

 敷地内にはトイレ棟があり、障害者用トイレが用意されています。見た目はやや古く、現時点ではトイレ設備は更新されてなく、ウォシュレットは付いていません。

 この他に土蔵や離れがあり、外部からだけですが自由に見学出来ます。車椅子で利用出来る範囲は限定されますが、結城紬に関心のある方はお出かけください。

ページトップへ