カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

中学1年生の国文法の勉強

Q:私は今中学1年生の文法を習っています。しかし私は文法がよく分かりません。授業も遊ばないで真面目に受けているし、家に帰って問題集から似たような問題を探して解いてみたりどれも真剣にやっているのですが、どうしても間違えてしまいます。わからない事が怖いです。分かろうと努力はしているのに正解がとても少ないです。間違えた問題はなんで間違えたのかじっくり考えても理解できません。文法の授業のあった日は夜遅くまで考えても考えてもわからないので寝られないです。文法っていったいどう勉強すれば良いのでしょうか。理解できないのは何故なのでしょうか。努力はします。なので文法がきちんとできるようにな方法を教えてください。辛くて怖いです。このままどうなってしまうのでしょうか。

A:質問で書かれている文を見ると、中1として問題のない国語力をもっていると思います。国文法という科目の考え方に慣れていない、言い換えれば今まで「修飾語や接続後、述語と修飾語と接続語」などを考えずに読んでいただけのことです。他の科目の勉強でも文を読んでいます。好きな本を読むこともあるでしょう。その時に、まったく文の理解ができない、ということであれば問題ですが、そういうことはなさそうですので、きっと大丈夫です。まずは心配のし過ぎから治しましょう。
ただ、残念ながら授業が解りにくい(先生の責任ですよ)ようですから、国文法の考え方、学び方は、よい教材で自宅学習を行うことをお薦めします。参考書を2冊推薦します。

○文理 完全攻略シリーズ 国文法
https://www.yugaku.jp/SHOP/850636.html
アイコン表示と豊富なイラスト、写真資料で楽しく学習できます。特集ページも充実。「定期テスト直前チェック」と赤シートが付いています。解答集は答え合わせがしやすいように取り外して使えます。くわしい解説で考え方・解き方がよくわかります。3年生の高校入試まで使える内容です。本格的な参考書+問題集としてはこれが一番解りやすいと思います。

○受験研究社 中学まとめノート国文法
https://www.yugaku.jp/SHOP/85081.html
超基礎から書き込むだけでどんどん理解ができる魔法のノート、がキャッチコピーです。流行の基礎レベル参考書のちょっと新しい形式で、超基礎から入試レベルまで対応できます。各節2ページで構成し、1ページ目で要点を確かめ、例題に取り組みながら解き方を覚えます。2ページ目は1ページ目に対応した基本問題でしっかり基礎力を身につけます。基本問題には解法のヒントとなるコラムもついています。各章末に確認テストがあり、テスト形式で実力が身についたか確認できます。覚えておきたい重要な事がらをまとめ、切り取って持ち歩けるチェックカードまでついています。苦手意識がなかなか抜けない気がするなら、こちらの本のほうが、取り組みやすいかもしれません。こちらも中3まで使えます。

まだ中学国文法の最初の学習段階ですから、どちらの本で勉強をする場合でも、「授業でやったところまで」で充分です。それであれば、5時間から10時間くらいの勉強で追いつくと思います。絶対できるようになるので、心配しないで、コツコツした努力を継続してください。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ