カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

古文が苦手な高3生

Q:高校3年の受験生です。私は古文が苦手で、文を読んでも情景や登場人物になにが起きているのかなど全然読みとることができません。問題を解こうとして読みはじめてもさっぱり分からないので、すぐに全訳や品詞分解を見てなるほど、と思いながら勉強してるのですが、これで力はつくのでしょうか。またこんな私におすすめの参考書があったら教えてほしいです。

A:古文は勉強量に比例して必ず成績が伸びる科目です。諦めないで、受験本番までの期間、しっかり学習をすすめれば大丈夫です。ただし、結構な古文アレルギーがあるようですね。質問者方の勉強が進みそうな参考書、という観点から選書してご紹介します。本の詳細情報を参照できるページを添付しておきます。


○スタディカンパニー 古文出典 ゴロゴ
https://www.yugaku.jp/SHOP/9784907422059.html
過去数10年のデータを元に導き出された古文入試に最頻出の出典をでる順に70個が掲載されています。どんなに難解な文章が出てきても、ストーリーを理解していれば、容易に解けます。本当は、単語や文法を先に勉強してから取組む本ですが、質問者の方は、先にこの本でよく出る古文の筋を覚えてしまってから、単語・文法系を勉強したほうが良いと思います。

○スタディカンパニー 古文読解 ゴロゴ
https://www.yugaku.jp/SHOP/9784907422042.html
単語と文法をチェックしながら古文読解力を身につけます。「古文→口語訳→単語→講義→文法」といった立体的な流れは、古文を理解していくには効率の良い形となっています。単語や文法も、最重要・最頻出なものから、次第に難易度が上がっていくよう工夫を凝らしています。厳選された古文の出典は入試最頻出のものばかり。全講義を終えると入試古文の基本的な文章を一通り読んだことになります。

正攻法ではない勉強法です。ご自分である程度の力がついた実感が湧いたら、受験までの残り時間を見て、よくある「センター対策・・・・」などの正攻法の参考書に切り替えるのも有効だと思います。先ずは「さっぱりわからない」というレベルからの脱却と飛躍を狙いましょう。今からでもセンター8割レベルは狙えるはずです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ