カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

3歳児への本の選び方

3歳のお子様向けの幼児ドリルの種類や特徴をご紹介します。お子様によって、興味の方向性や言葉の理解度に差がある時期です。一般的にこの年代は、女の子の方が知的成長が早い場合が多く、男女差が発生しやすいのも特徴です。学習障害など各種の障害が診断されはじめる年齢でもあります。

2歳児向けが「運筆力」や「切る」、「貼る」能力の開発に特化しているのに比べ、3歳向けには、「文字の学習」「数の学習」、「国旗や地図の学習」等の要素が入ったドリルが出てきます。ただし、お子様によって、まだ早いと判断される場合は、無理をして学習する必要はありません。お子様の成長のレベルに応じて選んであげてください。とはいうものの、日増しで成長する時期です。ちょっと難しいくらいのレベル設定で学習するのも有効です。

3歳からは、各種のカード類もお薦めです。一番人気は恐竜カードですが、乗り物系、動物系、国旗など、多種多様なカードがあります。お子様の興味にあわせて、カードで遊びながら学習を進めるのがお薦めです。

「塗る」、「切る」、「貼る」関係の本も大好きな年齢です。この種の本は使い終わってしまいますので、同じお気に入りの本を何回も購入される方も多いようです。類似書も必ずあるので、同じカテゴリーのドリルを試されてはいかがでしょうか。

http://www.yugaku.jp/SHOP/120881/list.html

学参,問題集,ドリル,勉強,わかる学参,問題集,ドリル,勉強,わかる学参,問題集,ドリル,勉強,わかる

くもん出版 幼児ドリルシリーズ はじめてのかみこうさく 「1集」 「2集」 345歳対象 くもんの幼児ドリル 「はじめてのアルファベット」「はじめてのカタカナ」「やさしいすうじ」学研の頭脳開発プラス ちえのおけいこ シールブック 3歳

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100019869&eid=24

ページトップへ