カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

薬学部志望 薄い数学の本

Q:国立薬学部志望の者で、数学の勉強方法について質問があります。今まで数学の勉強にはチャート式を使っていたのですが、重いし厚いし続かなくて結局自分を責めてしまい、数学が苦手になるということをずっと続けてきました。予備校の先生もチャートは勧めていないようなのです。それなりの薄さでも数学を基礎から学べて良質な参考書は何かありますでしょうか。

A:質問者の方の「基礎」の意味を文字通りに解釈させてもらい、かつ「それなりの薄さ」であれば、いわゆるセンター試験ものがいいのではないでしょうか。今年、一番売れているセンター対策の数学の参考書をご紹介します。

○旺文社 みんなのセンター教科書 数学機Γ ゼロからぐんぐん合格ライン 桜井 進 著
○旺文社 みんなのセンター教科書 数学供B ゼロからぐんぐん合格ライン 桜井 進 著

センター試験攻略のための知識をゼロから習得できる参考書シリーズ。予備校講師を中心とした実力派講師陣による熱い講義のシリーズで、300ページ超のボリュームです。
以下は著者の先生のコメントからの抜粋です。
「得点が伸び悩むとき、自信と希望がもてる未来は本当にやってくるのだろうかと誰もが焦りそして学習方法に悩みます。数学の道のりは平坦ではありません。本書はその険しい道のりを突き進もうとするみなさんを支えるためにあります。本書をチャレンジするみなさんの道しるべとして、あわてず、あせらず、あきらめず、”桜”咲く未来に”進”んでいってください。」


質問者の方に合う参考書な気がします。本の情報ページを添付します。よければ参照してください。
https://www.yugaku.jp/SHOP/9784010336625.html
https://www.yugaku.jp/SHOP/9784010336632.html

志望校に合格にむけて、先ずは数学の苦手意識がなくなるといいですね。苦手が抜けたら、これが理系の数学本だ、というタイプの参考書をご紹介します。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ